海外旅行保険を比較してみよう|ベストなプラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

見直しとは

スーツの女性

いつ保険見直しをするのか

保険の見直しをいつするかは、一般的には就職した時、結婚した時、子供が産まれた時、住宅を購入した時、子供の独立した時、定年退職した時、転職した時、収入が減ってしまった時、生命保険料が高いなと感じた時など、人生の節目となる時期に見直しをするといわれています。とくに結婚した時は共働きで2人で家計を支えていましたが、こどもが産まれると夫がひとりで3人の家計を支えなくてはならなくなります。このような支出が増えた時にこのような保険の保障内容を見直す必要があります。保険の満期や更新時期となると、ぎりぎりになるとうまく保険の見直しができないこともありますので、見直しする時期の基準を決めておくことがおすすめです。

何かあった時が見直すタイミング

保険見直しは基本的に、家族に幸不幸があったときも見直すタイミングです。こどもが産まれた、夫または妻に万が一のことがあったときになります。たとえば、こどもが産まれた時に死亡保障などの保険の見直しを行って、こどもが大学を卒業して独立することになったにもかかわらず保障内容がそのままであると、そのまま保障額を維持したままになりますので無駄な保険料を支払い続けていることになります。つまり保険料の無駄払いとなります。このような保障を見直すことが保険料の節約につながるのです。これら以外にも生活上なにか変化があったときには、例えば収入の変化などがある場合にも保険見直しが必要になります。保険見直しは無料でできます。