海外旅行保険を比較してみよう|ベストなプラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で相談できる

相談

保険相談の金額の傾向について

保険相談窓口では、その相談者にあったプランを提供してくれます。そこで契約した保険代理店から手数料が相談窓口に支払われるという仕組みになっています。ですが、2回目以降の保険相談は有料になる場合もありますので、注意が必要です。近年、外資系保険会社の参入により保険についても多様化していますし、インターネットで申し込めるものなどもあります。預金の金利も低いですので、保険は資産形成の面でも注目されていますので、各保険会社に相談窓口を設けているところもあります。ですので、納得の行くまで話し合いをして決定することが可能になっているといえるでしょう。

歴史や変遷はどのようになっているか

第二次世界大戦以降、民間でも生命保険が扱われるようになりたくさんの会社がおおってきました。そのため、女性の営業職を中心に生保レディーと呼ばれる職業が生まれました。そのため、会社などに勧誘に来る営業職のつながりで加入したり、知り合いなどの保険に加入していました。バブル経済以降、相次ぐ保険会社の破たんや外国の保険会社の参入などにより、さまざまな保険が生み出されて、利用者の選択肢の幅も広がってきました。2000年ころの金融政策により、銀行なども保険を売ることができるようになりました。さらに保険会社の中でもさまざまな商品が生まれてきました。そのため、どのような保険会社の保険を選ぶのが良いか、ファイナンシャルプランナーが相談に乗る保険相談が栄えてきています。